平成最後の年末!
2018年12月28日(金)16:33
DSC_0365.jpg 576×324 108K
平成30年も残すところあと僅かとなりました。
平成最後の年末になりました。
来年は新元号の発表が4月以降に、10月には消費税増税があります。
日本 経済にも大きな影響がありそうな2019年になりそうです。

平成最後の締めくくりに しあわせ通りの道路清掃を行いました。 2019年皆様に「しあわせが訪れますように!」と、今年1年の埃を落としてきました。

今年、お世話になった皆様には感謝!感謝!でございます。
来年の新元号も気になりますが、どうぞ皆様も良い年をお迎えください

第一建設株式会社 社員一同



 現場シリーズ「葵区吉野町SIマンション」
2018年12月26日(水)14:22
DSC_0107.JPG 3840×2160 3666K静岡市葵区吉野町で「国土交通省が推奨するスケルトン&インフィルをカタチにした賃貸マンション」を建設中です。                       この賃貸マンションのオーナー様は土地から購入されて、5階建て1Rの20戸を建設中です。

当初は他社の施工する賃貸マンションを検討されていました。しかし、昨今の賃貸市況は供給過多で競争が厳しく、差別化できていない物件は新築でも空室が目立つ物件も多数あることから、競争力のある物件が欲しい! 入居者が望むマンションが良い! 何処にでもある物件は要らない! との強いご要望でした。

     弊社の資料をご覧頂き、理想の差別化が図れていると判断されて、物件の見学をされました。そこで決断されたそうです。

   第一建設が施工する賃貸マンションは要望を叶えられるのでは!

勝ち組と負け組のマンションの違いは明白です! 
_申茲砲任發△襯泪鵐轡腑鵝´建設費が安いマンション 設備だけを重要視しているマンション  CMで誇大な表現をしているマンション 
  このようなマンション建設は避けて下さい。  

お気軽にご相談頂ければ、更に空室のマンションの落とし穴をご紹介させて頂きます。  
第一建設株式会社  担当 荒木


 「現場シリーズ 県営住宅長田東団地1号棟建替工事」
2018年12月26日(水)10:00
IMG_2801.JPG 4032×3024 2308K第一建設で施工した「県営長田東団地1号棟建替え工事」が予定通りの工期で無事に竣工を迎えて引渡しが完了致しました。 
当該地は軟弱地盤のため、地盤補強のため直径600个旅困鯊嚢み施工管理も大変な工程でしたが、優秀な監督2名が見事に仕上げました! 

第一建設では「鉄筋コンクリート外内断熱の家」
「国土交通省が推奨するスケルトン&インフィルをカタチにしたSIマンション」「橋梁補強の乾式コンクリート吹付け」等、技術者でなければ施工できない工事が得意です!   健全な財務体質と優秀な技術者が豊富に揃う第一建設にお気軽にご相談ください。

静岡市葵区清閑町14‐27 第一建設株式会社 担当荒木


 現場シリーズ「鉄筋コンクリート外内断熱の家」
2018年12月26日(水)08:46
DSC_0248.JPG 3840×2160 1671K先日、静岡市清水区で「鉄筋コンクリート外内断熱の家」の地鎮祭が行われました。お施主様は近年の自然災害による建物の被害に対して「自分と家族の命は自分で守る」ことを念頭に住宅の取得を検討されていました。

当初は重量鉄骨の会社とプランから打合せを進めていたのですが「重量鉄骨造の建物は揺れる・倒壊する」ことを調べたそうです。
木造・ツーバイフォー・軽量鉄骨の建物では命を守れない。と判断されて鉄筋コンクリートの住宅に考えを切り替えました。 しかし、鉄筋コンクリートの家は「結露・カビ・夏暑く、冬寒い・開口部や間取りに制限がある」等の問題点も見つかりあきらめかけていました。
しかし、あきらめきれずに調べた結果、第一建設の「鉄筋コンクリート外内断熱の家」の検索ができたそうです。

それからは弊社でプラン、仕様、施工費の打合せを何度もおこない、地鎮祭に至りました。

一生に一度の建物です! 命を守る家、夏涼しく冬暖かい・堅固で快適な家を財務体質の健全な第一建設にお任せください!  

静岡市葵区清閑町14‐27  第一建設株式会社   担当:荒木


 平成最後の年の瀬
2018年12月25日(火)
grp1228092620.jpg 225×225 8K今年も残りわずかとなりました。
平成最後の年の瀬というと大げさですが、やり残したことはないかと考えると、まずは大掃除かなと思います。いつも使っている空間が汚いな。。と思っていてもなかなか掃除しないところを今年は平成最後の大掃除をしようと思ってます!
今はホームセンターのお掃除グッズは、多種多様でどれも試したくなるキャッチフレーズです。早速短時間で効率よく根こそぎ汚れを落として、今年を締めくくりたいと思います。
来年は消費税増税するので、お住まいをお考えの方は、是非外内断熱コンクリート住宅の第一建設株式会社にて、ご相談ください。お待ちしております。来年もよろしくお願いします。担当/総務部 村松

 千代田幼稚園植栽
2018年12月18日(火)16:26
1545043263714.jpg 1000×707 683K第一建設の一部の社員が千代田幼稚園児72名の皆さんとの、楽しい時間を過ごしました。                                    日頃から地域の道路維持管理をしながら地域貢献に努める第一建設のボランティア事業として普段は工事現場で難しい顔をして管理に携わっている、技術者の監督たちが園児とのふれあいで、皆笑顔になり植栽をしました。                                             第一建設では静岡市葵区吉野町で「国土交通省が推奨するスケルトン&インフィル」の理念をカタチにした、集合住宅(賃貸マンション)を建設中です。                                           集合住宅(賃貸マンション)は静岡市でも飽和状態です!            新築ですら空室のマンションも沢山あります。                  一昔前では「新しければ良い!」「見た目が良ければ良い!」「建設コストを下げて収益が上がれば良い」等、入居者の考えを無視したマンションが満室になっていました。しかし、昨今のマンション乱立で入居者の目線を無視した建物のオーナー様は大変な状況になっています。  第一建設では「他物件との差別化」を図ったマンションだけを提案しています。 是非、一度入居者に人気のマンションをご覧ください。               担当 荒木         

 師走!
2018年12月13日(木)07:58
grp1213083538.png 97×71 9K
12月に入り 最強寒波が来るなど寒くなってきました。今年もあと2週間と少しで2018年が終わります 平成最後の年末、平成最後の正月、になりますが、新元号は来年4月以降になるそうです。 平成の次はどんな元号になるのでしょうか?

さて 毎年この時期はヒートショックでご病気になられる方等
多くいらっしゃいます。
その原因の一つであるのが、家の中で温かいリビングから寒い廊下に移動したり、洗面脱衣室から冷たくなった浴室に入ったりすると急激な温度変化で心疾患になる方が多いのです。 
予防するには、お風呂に入る前に洗面所や浴室等 暖気を取り、家全体を暖めるようにした方が良いです。家全体が難しい場合は家の中でも一枚上着を羽織るなど暖かくした方が良いです。
第一建設蠅粒案眞杷の家は、家全体が温まり 夏は外からの熱を遮断して快適に住める家です。お問い合わせは  第一建設蝓054-255-2022まで

2018年もあと少し平成最後の年末を楽しみながら頑張りましょう!
営業課/担当副島


過去ログ 2005年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 12月 
2019年01月 


このページのトップへ