自然シリーズ「河津桜」
2017年02月28日(火)07:24
IMG_7715.JPG 4000×3000 3268K毎年「河津桜」を見に行きますが、今年はちょうど見頃のタイミングでした!
この時期には河津桜の話題を全国ネットで中継するため、車両のナンバーを見ると和歌山、岡山等もありました。
8時に現地に付くと駐車場は既に満車状態です。
土手に咲く桜と売店を見ながら両手に地場産品の山葵や当日収穫した生ワカメなど持ち3時間ほど歩くとヘロヘロです。
足湯につかり、体調を整えてから西伊豆廻りで仁科港に立寄り「ヤリイカの活造り定食」を食し帰宅!

桜見物の来場者は毎年増えているようです。その理由としてSNSなどの普及で現地の情報も瞬時に把握できるため、綺麗な情景、美味しいもの等を求めて来るそうです。

第一建設でも施工している「国土交通省の推奨するSI工法のマンション」「鉄筋コンクリート外内断熱の家」「YESS横河システム建築」「ドイツの高い技術と機械を導入したSTO補修補強コンクリート」などは口コミやご紹介を頂き徐々に広まっています。
上記の全ての技術が静岡県で施工できるのは第一建設だけです!
ご興味のある方はお問合せ下さい。

お問合せ:静岡市葵区清閑町14‐27  054‐255‐2022 担当 荒木


 現場シリーズ「三保松原」
2017年02月21日(火)06:47
grp0221070313.JPG 1280×960 389K富士山が世界文化遺産に認定され三保松原も構成資産となり大勢の観光客が訪れるようになりました。
三保松原を保護しながら観光客の利便性も良くするため、大型バスが駐車できるよう静岡市では「三保松原駐車場整備工事」を普請しました。

その施工を第一建設でおこないました!
駐車場の整備工事ですが、多くの外国人観光客も来清されるため、安全作業には万全な体制を整えました。
更に外国人の観光客の皆様にもわかりやすく「英語・韓国語・台湾語・中国語」で表記を致しました。

第一建設ではさまざまな言語も使いこなせるグローバルな達人がおります!
私はポーランド語を少々・・・

「静岡の街づくり」から「鉄筋コンクリート外内断熱の家」「国土交通省推奨のスケルトン&インフィルの賃貸マンション」「不動産活用・売買」を手掛けています。
きっと、お役に立ちます!
お気軽にお問合せ下さい。  担当 荒木


 プレミアムフライデー
2017年02月17日(金)08:25
grp0217084853.jpg 60×60 2K
プレミアムフライデーが今日24日から始まります。安倍政権の推進する「働き方改革」で、消費拡大にもつなげたい取り組みです。静岡市でも一部の企業は休むよう声を掛け始めていて、飲食業や小売業、旅行業界には売上拡大の期待が広がっていますが、本当に「早帰り」が増えるかはまだ疑問です。国家公務員に早帰りを促す方針を示したり、全省庁に職員が早期退庁できるよう求める文書を送ったり、また民間企業でも住友商事は、毎週金曜日の有給休暇取得を全社員に推奨しています。実際には完全に休んだり、午後から半休を取ったりする内容のようですが、まだ様子見の状況で、早く帰る人は少ないようです。我々、中小零細企業は完全週休二日制の導入も遅れている状況なのでプレミアムフライデ−の導入もまだまだ先の話のように感じます。
土地の売買・土地有効活用は第一建設へご相談下さい。 担当:森田


 節分です
2017年02月01日(水)
se.jpg 254×181 13K子供(高校生)の冬休みの宿題に、幼児に節分のイベントを行うので、豆まきの由来を子供にわかりやすい言葉で伝えるというものがありました。
なかなか、実際伝えたいことを幼児の理解しやすい言葉にするのは難しいですが、子ども向けにわかりやすく、日本の伝統行事を伝えていければいいなと思います。
実際2/3幼稚園に行って、由来を知ってもらい、豆まきを行うイベントをやるということなので、結果子供たちは楽しんで風習を行ったのか、感想を聞いてみたいと思います。
豆まきよりも恵方巻のほうが興味ありますが、無病息災を願いたいと思います。不動産のことなら、第一建設株式会社にご相談ください。担当/第一建設蠢輒撹堯‖湿

過去ログ 2005年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 


このページのトップへ