サクラ
2017年03月31日(金)08:53
grp0331090420.jpg 635×476 169K
静岡市のサクラは、そろそろ咲き始めました。毎年、駿府城公園の外堀のさくらを車で通りながら眺めていますが、今年も今週あたりから見頃になりそうです。4月の1日からは静岡まつりも始まりますが、天気の方は残念ながら今日から週末にかけて雨が降りそうです。駿府城公園の他にも日本平や浅間神社などさくらの名所はたくさんあります。家の近所の大谷川方水路沿いにも、さくらの咲いている場所がたくさんあるのでこれから楽しみにしています。土地の売買・土地有効活用は第一建設へご相談下さい。 担当:森田

静岡新聞シリーズ「2017年3月22日 社会面掲載
2017年03月28日(火)13:43
3月22日の朝刊に弊社「代表取締役社長 市川 照」のコメントが掲載されています。
内容はこれからの流れについて・・・

昨今さまざまな産業が深刻な人手不足で人材確保で困窮しています。
建設業界も人手が足らず、どのような建築方法にすれば、効率良くお客様にも負担が少なくなるようにできるのか? など真剣に討議を重ねています。

弊社では「国土交通省の推奨するSI工法」による集合住宅の建設で配管、配線の埋設をせずに床下に露出で施工する事で効率を高めています。

これは将来の大規模修繕も見越した工法です!

既に賃貸マンションは供給過多です! これ以上、どこにでもある賃貸マンション建設はやめましょう!

見せ掛けのマンションは不要です。

実際の建物をご覧頂きながら詳しくご説明させて頂きます。
お気軽にお問合せ下さい。

静岡市葵区清閑町14‐27 第一建設株式会社  荒木 054‐255‐2022


 WBC2017 日本×アメリカ
2017年03月22日(水)15:43
grp0322161411.png 336×280 230K今日は日本時間AM10:00頃より、WBC2017の決勝がアメリカにて日本×アメリカ戦が行われました。
お昼休みのテレビでの放映ではちょうど終盤で、8回裏日本の攻めで、ツーアウト、ランナー1塁、2塁での4番バッターという場面では緊張が伝わってきました。しかしながら、外野フライのアウトで、とても残念でした。
普段は野球は、あまり興味なかったですが、今回勝ち進むにあたって、とても楽しく家族で応援しながら観戦しました。本当に惜しかったですが、いい試合ばかりで、侍ジャパンの方、本当にお疲れさまでしたという気持ちです。これから、プロ野球が始まると思いますが、興味をもってみたいと思いました!
土地活用のご相談は、第一建設株式会社に、お願いします。担当/第一建設蠢輒撹堯‖湿

 きれいな物シリーズ「桜」
2017年03月21日(火)16:58
IMG_8081.JPG 4000×3000 3768Kお彼岸も明けて本格的な春を待つばかりです。
そろそろ、桜の開花も待ち遠しくなりますが、昨年の桜をUPします!

鎌倉に出掛けた際にタイミング良く満開の桜見物ができました。

大仏様のご紹介を致します!
国宝 鎌倉高徳院露座の大仏(阿弥陀如来坐像)は民衆の浄財により完成しました。

暦仁元年(1238年)に着工して六年後に完成した大仏は当初は木像でしたが宝治
元年(1247年)の大風で倒壊したため、建長4年(1252年)現在の青銅製
の大仏が鋳造され高徳院大仏殿に安置されました。

その後も大仏は二度の大風で倒れ、その都度復興されましたが、明応7年
(1498年)の津波で流されてからは露座の大仏として今日に至っているそうです。

大仏ですら、流される津波の恐怖!
当時は基礎工事の認識も甘く、杭や鉄筋などの敷設も無かったのでしょう!

ところが、現在第一建設が建設する住宅では「鉄筋コンクリート外内断熱」として「防災の家」も可能になりました。

高台に避難する事ができない!
周囲に避難ビルが無い! 等、沿岸地域では不安な日々を過されています。

そこで、第一建設の「防災の家」をお勧め致します。
「防災の家」は自宅が避難ビルとなっているため、ご家族や近隣の皆様も避難が可能です。

それ以外でも「国土交通省の推奨するSI工法の集合住宅」「ドイツの先進技術を導入したSTO乾式吹付け工法」など他社にはない技術と工法で提案致します。

是非、お気軽にお問合せ下さい。


 現場シリーズ「静岡地方裁判所長谷町舎改修工事」
2017年03月14日(火)11:25
grp0314114636.JPG 2592×1944 2224K野球好きな私はWBCのTV観戦と間もなく始まる全国選抜高校野球大会を楽しみにしております。
今年は静岡高校が出場します。是非2回戦で大阪桐蔭、3回戦で早稲田実業と対戦して頂きたいと思います。

偶然ですが第一建設では静岡高校のすぐ近くで「静岡地方裁判所長谷町宿舎改修工事」を施工しております。
工事名称のとおり仕事も固く真面目に施工しています。

改修工事から「国土交通省の推奨するSI工法の集合住宅」「鉄筋コンクリート外内断熱の家」「乾式吹付けコンクリート補修補強」「返済ご無用住宅」など静岡県でも施工できる会社が少ない特殊な工事もお任せください!

お問合せ先:静岡市葵区清閑町14‐27 第一建設株式会社 054‐255‐2022 担当荒木


 正しい毛布の使い方
2017年03月10日(金)09:19
grp0310094739.jpg 257×196 5K
今回は、暖かく寝れる正しい布団の使い方を最近知ったので紹介したいと思います。今までは、毛布の上に掛け布団を掛けて寝ていましたが、夜中に寒くて目覚めることもありました。日本では昔から綿布団を使う家庭が多かったため、掛け布団の下に毛布を敷く習慣が残っています。しかし、今は羽毛布団を使用する家庭が多くなっているので、羽毛布団を使用する場合は、掛け布団の上に毛布を掛けるスタイルの方が暖かく眠ることができるそうです。羽毛布団は、布団の中の羽毛が体温を感知して膨らみ、暖かくなるので羽毛布団を使用する場合は体に直接触れさせた方が羽毛に体温が伝わりやすくなり、保温効果が高くなります。羽毛布団と体の間に毛布が入ると逆に体温が羽毛布団に伝わりにくくなり、保温効果が半減してしまいます。また、毛布には熱の放出を防ぐ効果があるため、羽毛布団の上に毛布を掛けた方が熱を閉じ込められます。それから、羽毛布団の上だけでなく敷き布団の上にも毛布を敷くと、体から放出される熱が下に逃げることを防ぐことができるのでもっと快適になります。このスタイルに変えてからは、快適に寝れるようになりました。まだ寒い夜が続いているので、昔のスタイルで寝ている方は是非 このスタイルを試して下さい。土地の売買・土地有効活用は第一建設へご相談下さい。 担当:森田

 現場シリーズ 平成28年 静岡地方合同庁舎改修工事 
2017年03月07日(火)07:00
DSCN1209.JPG 4608×3456 4090K朝晩の冷え込みも和らぎ日中は暖かい日もあり、静岡市は春です。

この時期は進学、就職、転勤などで人の移動が一番盛んになります。
移動により住民票や登記申請等で行政諸官庁に行く用事も多くなります。

今年も第一建設では静岡市葵区追手町の静岡合同庁舎の改修工事を施工致しました。

来庁者の方に不自由が無いように土日の工事を中心に第一建設の精鋭2名が携わりました!

彼らは独身で仕事も私生活も真面目で明るい好青年です。
この工事では土日の仕事を集中していたので、外部の方との接点が少ない日々でした。


どなたか合コンの企画をして、第一建設の精鋭を誘ってください。

私も30年若ければ参加させて頂くのですが・・・


静岡地方合同庁舎改修工事から橋梁耐震補強工事、国土交通省推奨のSI工法による集合住宅、鉄筋コンクリート外内断熱住宅など静岡県の安全な建物造りを目指す第一建設にお問合せ下さい。
静岡市葵区清閑町14‐27  第一建設株式会社 担当 荒木


 ついにシーズン…花粉飛散
2017年03月01日(水)11:02
cause.png 216×166 97Kここ1週間くらいより、花粉が本格的に飛散して、花粉症の方はつらい症状が出始めてるとは思います。
今年は例年の4.4倍の花粉が飛散ということで、3月中までが飛散量がすごいと予測されています。しかし、スギ花粉が終息するころ、さらにヒノキなど他の花粉量も今年は多いそうです。
今年はすでに花粉の薬も例年の量では、効かないような気がします。あとは、マスクなどの予防しかないと思いますが、なんとか乗り切れるように工夫したいです。
不動産のことなら、第一建設蠅砲任せください。担当/総務部 村松

過去ログ 2005年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 


このページのトップへ